UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その12

2015.12.23
⑫内装工事 壁面 その1

IMG_20151220_165557.jpg

コンクリートブロックに壁の骨組みを組んでいく。
30×40の木材です。面倒ですが接着剤ではなく
アースプラグ(コンクリートアンカー)のよる固定としました。
コンクリートドリルでダダダダダ!っとやります。
穴がずれるとビスが入らないのでちょっとしたコツがいります。

ところで、
この部屋はコンクリートで囲まれています。

工事していて密閉度が増すにつれ困ったことが起きてきました。

音の反射が物凄いんです・・・

シーンとはしていますが、なんか音がする。音を出していないのに・・・
ドアの開口部から入る環境音が内部のコンクリートに反射してループしてしまうようなんです。
貝殻に耳を近づけると「コーッ」という音がしますよね?
アレです。

手をパチン!とたたくと

「ビ~ン!」と響く。
エフェクターでショートディレィのフィードバックを長くかけた感じ。
ヤバイ、フラッターエコーが出てる・・・

防音室を作るはずが、日光の鳴き竜を作ってしまっていた(笑)

いや、マジで笑えない。

解決策はコレしかない!

IMG_20151221_210535.jpg

全面に吸音材(グラスウール)を入れる。
タッカーでパチン!パチン!と貼り込む。


IMG_20151222_183710.jpg

胴縁を付ける。上部はプラスターボード9mm。ソーラトン(吸音材)の下地にします。
電気配線も入れときます。VVF1.6


IMG_20151222_184044.jpg

ここからピアノを入れます。
グランドピアノは搬入時、足を外し、船に乗せ立てるので
アップライトピアノよりも開口部は小さくてもよいのです。
ドア、まだ仕様が決まってません(汗)


IMG_20151222_215724.jpg

有孔ボードを貼り込む。
穴から音を通過、吸音材に壁内で何度も反射させ減衰させます。
ちなみに音は熱に変換されるそうです。


IMG_20151222_220214.jpg

うそみたいに「コーッ」という音が止まった。

おおおっ!すげ~!凄い効果を発揮してくれた。
ホッと、一安心・・・

この有孔ボードですが、ケイカル板といって通常は軒天井に使われる材料。
珪藻土をカルシウムで固めたもので調湿効果があるのです。
ピアノは湿気に弱い楽器ですのでちょうど良いのでは?
と思い使いました。

つづく
CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (4)

この記事に対するコメント

おお、音楽室!!
コーって音がしたんですか、ブロック材のままだと音を跳ね返すってことでしょうね。以前、賃貸の部屋を見てまわった時に家具や荷物等が何もない部屋は異常に響くなあと思ったことがあります。
おお、本格的な防音処理をしたんですね。まさに音楽室って感じで理想的に思えます。ピアノも工夫して搬入されるようですね。入り口のドアも方法としてはいくつか考えられそうです。それにしてもよくぞここまで頑張ったと思います。
【2015/12/23 23:05】 URL | yoshimura #- [ 編集]


もう普通に家建てられますね
ものづくりしている人はたくさんいますが
ここまでのモノを造ってる人はMAXさんだけですよ(笑)
随分と疲労もたまってきているでしょうが
怪我などされませんように
ピアノ、もうすぐですね!
ちょっと遅れてサンタがピアノを持ってくるって感じですかね?
って、プレゼントじゃなかったですね(笑)
【2015/12/24 06:56】 URL | リョウ #- [ 編集]

yoshimuraさん
そうなんです、工事が進むほどに想像していなかった音響の問題が出てきてます・・・(汗)
あと、ブーミングなんですがどう対処しようか悩んでいます。
でも、こればっかりは出来てみないとわからないといった感じですが・・・
yoshimuraさんが心配してくださったので
ドア部分の開口の写真ものせてみました(笑)
ドアはすごく小さいものにしようと思っています。防音が優先なので。
【2015/12/24 20:41】 URL | MAX #- [ 編集]

リョウさん
よくまぁ実行に移したなぁ~と自分でも思っています(笑)ここまで大変だと思わなかったから実行したんでしょうね。
いつも人生こんなもんです。
やってから考えるみたいな(笑)
でも、建材の寸法にはみんな意味があるので、基本にしたがっていけば大体は合ってくるように出来ています。なので工事図面がありません。

確かに小さい家なら作れるかも?ってチラッと思いながら作業してました。
【2015/12/24 20:49】 URL | MAX #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ukulelepunk.blog60.fc2.com/tb.php/486-7679b188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。