UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

高橋在也 ピアノコンサートに行ってきました

2015.09.13
「音の文」スペシャル2  ピアノコンサート

IMG_20150912_133941.jpg

場所は前橋文学館の3階ホールでした。
初めて来る方はちょっとわかりにくいかも。
駐車場は市営の城東パーキングを利用すれば無料になります。
さすが、役人の箱モノですね。

コンサートまで時間があったので・・・

IMG_20150912_125250.jpg

ひとり焼肉で腹ごしらえ(笑)


IMG_20150912_134009.jpg

文学館の前にある広瀬側は先日の雨の為か増水ぎみに見えます。

IMG_20150912_134115.jpg

前橋文学館の中には萩原朔太郎の展示室があります。


sakutaro.jpg

ここには朔太郎のマンドリンも展示されているので興味がある方は見ると面白いかも。
以前、仕事で来たことがあったので、今回はパス。


IMG_20150912_134302.jpg

あれ、開演15分前なのに・・・
難なく最前列に座れちゃいました(汗)

その後、ゾロゾロと来て80パーくらいは席が埋まりました。
ざっと、70名位かな。

ステージにあるピアノが気になり、フレームを覗き込むと・・・
わっ!レアです。カワイのRX-Aです。(ちょっとテンション上がりました)
これは1985年あたりの製造で純ハンドメイド。
ショパン家にも納品されたモデルです。

話はそれましたが、コンサートのレビューです。

文学詩人、中原中也の詩にインスピレーションを受けてオリジナル曲を披露するというもの。

いいな。と思った曲は二曲あり、最初の「森」シフトペダルが効果的に使われていて音が澄んでいました。
それと、「朝」という曲。高校の頃作曲したそうで、青臭い感じがして妙にニヤニヤと共感してしまいました。

高橋さんの曲調は殆どがジョージ・ウインストンさんの曲にそっくりで、左手のアルペジオに右手旋律が即興的に展開されていくというパターンで作られていました。詩に曲を付けたようですが、私には全曲同じに聴こえてしまいダンパーペダル踏むたびお腹いっぱい・・・(汗)

2時間の長丁場をピアノのオリジナル曲で通す高橋さんは、ある意味凄いと思いました。
でも、このコンサートで高橋さんは何が言いたかったんだろう?

とても疑問に残るコンサートでした。

CATEGORY : ピアノ TB : (0) COMMENT : (4)

この記事に対するコメント


萩原朔太郎さんの顔、初めてみました
けっこう可愛い人だったんですね

ピアノリサイタル
いつかMAXさんもやっちゃってください
完全オリジナルで(笑)
そしたら観に行きますよ(^-^)/

たぶん寝ますけど(^_^;)
【2015/09/14 21:52】 URL | リョウ #- [ 編集]


確かに、かわいい感じですね。
おそらく、だれにでも可愛い時はあるような気がしますが、何歳の時の画なんでしょうかね?

ピアノリサイタルですか・・・
発表会なら(笑)

さすがリョウさん、わかってますね。
寝るなというのが無理です。
拷問コンサートになっちゃいますから(笑)
【2015/09/14 23:25】 URL | MAX #- [ 編集]


さすが、Maxさんも曲作られたり、ピアノがすきなだけあって鋭い感想ですね。ウィンストンと聞くとなんとなくイメージがわきます。オリジナルの場合、私も自分の作った曲はみな同じように聞こえることがあるんで、そう感じてきたら私の場合いったん休みます。バリエーション広げるのって限界があってある程度その人の器なのかもしれませんね。

ラジオでピアノのオリジナルを延々と流してるチャンネルがあるんですが、聞いててなかなかよかったりします。
【2015/09/15 10:28】 URL | yoshimura #- [ 編集]


そうですねー、ギターやウクレレだと開放弦の都合上、作りやすい調になっちゃいますし、アルバムにまとめる時を意識すると統一性を考えちゃったり、日ごろから色んな引き出しを用意しておきたいですよね。yoshimuraさんの曲は聴けばyoshimuraさんって一発でわかりますし、いつも驚きがあるのであきませんね~

あ、ネットラジオなんかでやってるやつですよね。BGMにはいいですね。
【2015/09/15 20:27】 URL | MAX #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ukulelepunk.blog60.fc2.com/tb.php/468-8869ca06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク