UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

ファンカーゴの黄ばんだヘッドランプを透明にする方法!

2012.04.21
最近のヘッドランプカバーってプラスチックですよね

残念な事に年月とともに黄ばんで劣化してしまいます。なんとか出来ないものか・・・という事でやってしまいましょう!用意するものは・・・

1、水の入ったバケツに雑巾
2、マスキングテープ(まぁ何でも良いですが)
3、耐水ペーパー(紙ヤスリ)#800と#1500の二枚(100円位)
4、コンパウンド(ヘッドランプ用)とネル生地のボロ布

うっ!車が一気に古く見える黄ばんだヘッドランプ

120418_1100~01

まだまだ元気なファンカーゴ君。唯一古く見えるポイントがヘッドランプでした。ご覧のように残念な黄ばみと曇り。まずはマスキングから始めましょう!


#800耐水紙ヤスリで黄ばみとサヨナラする

120418_1102~01

黄ばみが落ちる落ちる!水を付けながら磨きます。そして、洗い流すと・・・


心配なほど、傷だらけで曇った状態になります

120418_1113~01

細かい傷が付き、透明度が一気に無くなりますが、黄ばみは取れてますよね。ここから更に#1500で磨き、最後にコンパウンドで仕上げます。すると・・・


おおおおおおおっ!!!透明によみがえったー!!

120418_1133~01

そんなに見つめないでくれ!(笑)結構りりしい顔つきだったんだね、君は。


左目も手術で10歳若く(笑)

120421_1056~01

瞳の奥まで見える。

その後クリアコートで塗装すると透明度が増し、ピッカピカになるらしいんですが、私はこの辺でやめときます。車ってライトの印象で随分と変わるもんですね。こんな簡単な作業だし、もっと早くやれば良かったなぁ~。









テーマ:自動車、バイク - ジャンル:車・バイク

CATEGORY : 未分類 TB : (0) COMMENT : (4)

この記事に対するコメント

綺麗!
おお、綺麗になりましたね、黄ばみって表面の部分についてたものなんですね。実はウクレレの塗装仕上げもこんなかんじです。仕上げは本当きりがないのである程度の妥協が必要ですね(笑)。
以前はいろんな仕上げ方法を試したのですが、私はウクレレ塗装の紙やすりにはレモンオイルを使ってます。でも今回のような素材なら水で充分のようですね、参考になりました。
【2012/04/21 21:54】 URL | yoshimura #- [ 編集]

レモンオイルですかー
よくわかりませんが、楽器には良さそうですね~。
こちらはプラスチックだしどうなんでしょうね。

写真だと奇麗に見えますが、劣化した分、新品のようには戻らないようです。本当はレンズとガスケットだけ注文して新品にしようと思っていたんですが、レンズ用のコンパウンドが工具箱から出てきたので、ダメもとでやってみたんです。お金もかからないし。


【2012/04/22 08:45】 URL | MAX #- [ 編集]


我々自動車業界の為
新車買ってくれ(笑)

あ、でも楽しいよな磨いたり
するはね。
【2012/04/25 19:28】 URL | せいいち #IcDym9l6 [ 編集]

せいいちさん、どうも!
すみません・・・
新車って・・・

一度も買った事ないんです。。

いいなぁ~新車。
【2012/04/26 20:10】 URL | MAX #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ukulelepunk.blog60.fc2.com/tb.php/270-d1324b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク