UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

ハイゼットトラック エンジンオイル交換

2016.02.28
今日は良く晴れて、春を思わせる陽気
重い腰を上げ、エンジンオイル交換3回目実施
忘れないよう記録しておきます

18,360km

IMG_20160228_120237.jpg

シャ~!
ドレンボルト近くの板状のモノが邪魔ですが
14mmソケットにエクステンションバーつければ外せます

受け皿はいつものクッキーの空き缶
4Lまでいけるスグレモノ


IMG_20160228_130607.jpg

交換時 3.2リットル (エレメント交換無し)
5W-30 指定の粘度を入れときます


CATEGORY : ハイゼット黒トラック TB : (0) COMMENT : (4)

初めての調律

2016.02.23
防音ドアが入りました。
まだ完全ではありませんが音出しが出来る様になりました。
(後ほど防音室DIYカテゴリーで製作状況を報告します)

IMG_20160218_202425.jpg


調律と整調で激変したピアノ

IMG_20160221_122111.jpg

調律

こんなに変わるものなのか・・・
これが初めて調律してもらった印象です。
それと、すごく早かったです。
耳でうねりを数えて迷い無くバンバン合わせていく・・・
ベテランの仕事という感じでした。


レットオフ調整

買う時に指定したところを整調して納品してもらっていますが、更に突き詰めた整調をしてもらいました。
MAX:「ピアニッシモが弾きにくいんですよ・・・」 月の光を弾く 「ほら、これ」
森さん:「なるほど。ハンマーの位置を調整しましょう」
じゃんじゃんレットオフボタンをまわしてあっという間に88鍵盤終了。
森さん:「このピアノにはサイレントのバーがあるんで、限界を引き出すにはサイレント機能を取り外す選択肢もありますね」
MAX:「なるほどー、これが邪魔なんですね。後で取っちゃおうかな」


フロントピン調整

MAX:「このFとEの間とかBとCのスキマが気になって・・・中古だから妥協しましたが」
森さん:「あ、直しちゃいましょう。」 「ほら、こんな感じでどうですか?」
じゃんじゃん気になる鍵盤のフロントピンを回したり曲げたり。
あっという間に良くなってしまった。すげー!
フロントピンは楕円に作られているため、ある程度のブッシュのスキマは調整が効くんだそうです。

いや~、勉強になりました。そして、とっても面白かった!タッチと音が激変し、気持ちよく弾けるようになりました。
ピアノマニュアルを読んだり、ネットで知識をつけていたおかげで、気になる部分を的確に整調してもらえたように思います。漠然としたイメージだけでは調律師に伝える事は難しいので、弾く側もある程度はピアノの構造を知っていたほうがいいのだろうなぁ~と思いました。

最後に・・・
森さん:「あの社長さん、この値段で売ったのかぁ・・・このピアノ(笑)」

そう言って
リストの愛の夢を弾いてくれました。
https://www.youtube.com/watch?v=Et-OVU1GxSQ
この動画を撮られた場所は仕事場でしょうか?
YOUTUBEチャンネルがあったのでリンクしておきます。

この調律師(森さん)について
http://www.piano-t.net/profile00000239.html
古典調律(森さんのHP)
http://kazuo23.real-sound.net/23.htm
ブログ・フェイスブック・ツイッターもやっているそうです。

ピアノの調律師さんを探している方、とても親切な方ですので相談されてはいかがでしょうか。
ちなみに、私とは波長が合う感じでした(笑)




CATEGORY : ピアノ TB : (0) COMMENT : (2)

告白

2016.02.14
告白します!

今年のバレンタインデーは
チョコレートはゼロでした(笑)

IMG_20160121_081305.jpg

チョコレートが食べれないので、愛や出会いについて、しみじみ考えたのですが(笑)このブログを読んでくれている、あなたも、わたしも、同じ時代に生まれ、同じ時を生きているんですよね。生きる時代が違ったら、絶対に出会えなかったはずですよね。あなたも、わたしも、もう二度と同じ姿では生まれない唯一無二の存在なんですよね。そう考えると、人、動物、植物、太陽、月、モノ・・・目に見えている全てが、とても貴重な存在に思えてきます。愛もそうですね。出会って、さらに結ばれるわけですから、本当に奇跡的な出会いです。なんだかそこには目に見えない引力が働いているかのようにも見えます。

わたしと出会ってくれてありがとう!

IMG_20160102_114442.jpg

音楽は流れ続ける…


明日は、処分品の安くなったチョコレートを買ってきて食べようと思います。


CATEGORY : 生活 TB : (0) COMMENT : (2)

壊れると困るモノ

2016.02.13
この時から、ずっと使っているラジオ。
http://ukulelepunk.blog60.fc2.com/blog-entry-342.html
爆音でしか鳴らない様になってしまいました(泣)

落っことしたり、風呂場の中で聴いたり、砂やセメントの粉塵まみれになったり・・・

IMG_20160213_211055.jpg

2年間、ほぼ毎日使っているので、愛着があります。
ダメ元で、分解して、掃除して、CRC吹き付けたら

直ってしまった。

アナログ機器って素晴らしい。



CATEGORY : 生活 TB : (0) COMMENT : (3)

生と死について

2016.02.10
数日前、早朝に軽トラを運転していました。
カーステレオから流れるピアノ曲。



ショパンのエチュード、エオリアン・ハープです。
なぜかわかりませんが、10年前に亡くなった親父の事が頭に浮かびました。
「あぁ、もう親父はいないんだな」
親父がいない事がずっと当たり前の生活になっている。
私も数十年後にはいなくなる。
いや、いつ死んでもおかしくはない。
次の瞬間、交通事故で死んでいるかもしれない。
親父の人生はきっとこの曲の流れのように
ドラマティックなことが沢山あったんだろうな。
そんな事を思いながら運転してました。

その晩、ちょっと哲学者になったつもりで、こんな事を手帳に書いてみました。



生と死について考える
2016.1.29 22:00

始まりも無く終わりもない。全ては流れの中に存在し、同化・異化、有機物・無機物と変化しているだけだ。人間の死への恐怖は、人間の世界から除外され消え去ることへの意識である。時間と呼んでいるものも、ある時点では現在であるが、すでに過去であり、それが本当に過去であるとは言いきれない。未来も同じである。ある時点では無機物だったものが、他のものと絡み合い、光の力を得て有機物となる。過去に有機物であったものが無機物になったのであれば、未来は過去ではないか。ただ時間も無く流れているだけではないのか。流れというものに時間をあてはめているのは人間や生物の意識にすぎないのではないか。本当に存在するのは変化であり、未来や過去、現在と呼ばれている変化を、くりかえししているのではないか。確実に言えることは、人間として生きる前からも、そこに存在し続けているという事だ。これからも同じであり、時間という意識の中で、過去も未来も、自由に行き来出来る存在とは考えられはしないか。全てのものは同一であり、たえず絡み合い変化する。時間は存在すらしない。死は終わりでも始まりでもなく、流れの中にだけある。私は不死身であり、同一体として存在する。何ものにもなれる。宇宙そのものであり、それ以上のものである。生というものも無く、死というものも無い。


↑頭が変になっちゃったんですかね(笑)

ペンをとり、考えていることを文章にすると、頭が整理されてスッキリするんですよね。
数年後には、違うことを考えていると思いますが・・・


CATEGORY : 生活 TB : (0) COMMENT : (2)

トラウマ絵本

2016.02.08
こんな本を図書館で借りてきました

ちょうつがい


小さな子供には怖いかも。

CATEGORY : 未分類 TB : (0) COMMENT : (2)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その16

2016.02.07
⑯ 階段とドア

グランドピアノが納品されてからペースが落ちました・・・
しかし、頑張ります。

IMG_20160204_121159.jpg

コンクリートブロックの階段にモルタル充填と天板塗り


IMG_20160204_124147.jpg

出来た。
仕上げはカーペットにしようかな。

次は・・・

IMG_20160204_135137.jpg

ドアの枠を作りました。75×75角の鉄パイプです。
コンクリートアンカ用の穴を空けてから黒塗装しておきます。


IMG_20160204_140109.jpg

これがアンカーです。
コンクリートドリルでダダダダダダダっとやって、コンコンと打ち込み、クルクルっと締めるとガッチリ固定されます。


IMG_20160205_134702.jpg

はい、取り付けました。
重量級のドア枠ですので、防音ドアを取り付けても大丈夫。

で・・・
手作りのドアいきます!

IMG_20160207_141955.jpg

合板に枠を組んで、ブツブツブツブツっと沢山ビスを打ち込んでおきます。


IMG_20160207_151418.jpg

防音にはコンクリートが一番!
ビスをモルタルに食い込ませて合板と一体化させます。


IMG_20160207_152505.jpg

遮音コンクリート層完成!
しばらく乾燥が必要です・・・

つづく
CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (2)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク