UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

グランドピアノが納品されました!

2015.12.29
待ちに待ったこの瞬間

とうとう来てしまった。

IMG_20151229_115437.jpg

ウォルナットの3型


IMG_20151229_120311.jpg

デカイっすね


IMG_20151229_120252.jpg

ツルルル・ピッカピカ


IMG_20151229_115149.jpg

眺めているだけで、ウキウキします


IMG_20151229_114949.jpg

防音室が完全に出来ていないので残念ながら音が出せません。
しばらくはサイレントで我慢・・・



CATEGORY : ピアノ TB : (0) COMMENT : (6)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その14

2015.12.26
グランドピアノ納品前日

⑭内装の仕上げ

IMG_20151225_120338.jpg

↑ソーラトン(吸音ボード)をカットしボンドを点付け


IMG_20151225_120355.jpg

↑プラスターボードの下地に接着。これで真っ白な部屋になる。


IMG_20151225_223029.jpg

↑電気配線。写真は露出型ホタルスイッチを2つ。
これはスポット照明のレール2本を独立してコントロールするためです。
他にサイレントピアノ用の電源、エレキギターなどのアンプ用の電源を2ヶ所作ってあります。


IMG_20151225_222414.jpg

↑エアコンの配管の穴を2つ。
下地の骨組はエアコンのベースプレートに合わせ補強してあります。


IMG_20151225_222104.jpg

↑天井と壁、コーナーはコーキング処理で合わせ目をきれいにしました。


IMG_20151226_125106.jpg

↑ガラスブロックにサッシを取り付けました。


IMG_20151226_131153.jpg

↑カーペットをカットしてステージに貼るところ。ボンド付けです。


IMG_20151226_141551.jpg

↑圧着してコーナーをタッカーでステープル打ち。


IMG_20151226_141530.jpg

↑まだ内装は仕上がってませんが、なんとか前日までに運び入れられるようになりました。
明日がとても楽しみです♪


つづく


CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (2)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その13

2015.12.24
⑬ステージを作る

床はとても悩みました。
グランドピアノの固体振動は凄まじく、
浮き床構造で基礎コンクリートから分離させたいと考えていたからです。
しかし、出来るだけお金をかけたくありません。

そこで考えたのが・・・

IMG_20151222_224813.jpg

↑畳です(笑)
もともと和室だったため、8枚の畳の処分にこまっていました。
ならべてみると、ピッタリ収まります。
防音工事には振動をコンクリートに伝えない為に
板状のロックウールを並べるのが定番のようですが
畳で代用というアイデアです。


IMG_20151224_125652.jpg

↑厚みが6センチあるので、ひっくり返して2枚重ねます。
なので6枚で12センチ。互い違いに組んで重量と振動を分散させようと思います。


IMG_20151224_131155.jpg

↑12mmの合板を切断して並べ、ビスを打ち込みます。


IMG_20151224_143105.jpg

↑側面にも合板を貼り付けます。
ちなみに、側面の板は振動を床に伝えないよう1センチのスキマを作ってあります。
ステージ本体と壁とのスキマは5mm。

そして、買ってきたカーペットをのせてみました。

IMG_20151224_184526.jpg

おおっ!
いいじゃん!!

つづく

CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (4)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その12

2015.12.23
⑫内装工事 壁面 その1

IMG_20151220_165557.jpg

コンクリートブロックに壁の骨組みを組んでいく。
30×40の木材です。面倒ですが接着剤ではなく
アースプラグ(コンクリートアンカー)のよる固定としました。
コンクリートドリルでダダダダダ!っとやります。
穴がずれるとビスが入らないのでちょっとしたコツがいります。

ところで、
この部屋はコンクリートで囲まれています。

工事していて密閉度が増すにつれ困ったことが起きてきました。

音の反射が物凄いんです・・・

シーンとはしていますが、なんか音がする。音を出していないのに・・・
ドアの開口部から入る環境音が内部のコンクリートに反射してループしてしまうようなんです。
貝殻に耳を近づけると「コーッ」という音がしますよね?
アレです。

手をパチン!とたたくと

「ビ~ン!」と響く。
エフェクターでショートディレィのフィードバックを長くかけた感じ。
ヤバイ、フラッターエコーが出てる・・・

防音室を作るはずが、日光の鳴き竜を作ってしまっていた(笑)

いや、マジで笑えない。

解決策はコレしかない!

IMG_20151221_210535.jpg

全面に吸音材(グラスウール)を入れる。
タッカーでパチン!パチン!と貼り込む。


IMG_20151222_183710.jpg

胴縁を付ける。上部はプラスターボード9mm。ソーラトン(吸音材)の下地にします。
電気配線も入れときます。VVF1.6


IMG_20151222_184044.jpg

ここからピアノを入れます。
グランドピアノは搬入時、足を外し、船に乗せ立てるので
アップライトピアノよりも開口部は小さくてもよいのです。
ドア、まだ仕様が決まってません(汗)


IMG_20151222_215724.jpg

有孔ボードを貼り込む。
穴から音を通過、吸音材に壁内で何度も反射させ減衰させます。
ちなみに音は熱に変換されるそうです。


IMG_20151222_220214.jpg

うそみたいに「コーッ」という音が止まった。

おおおっ!すげ~!凄い効果を発揮してくれた。
ホッと、一安心・・・

この有孔ボードですが、ケイカル板といって通常は軒天井に使われる材料。
珪藻土をカルシウムで固めたもので調湿効果があるのです。
ピアノは湿気に弱い楽器ですのでちょうど良いのでは?
と思い使いました。

つづく
CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (4)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その11

2015.12.18
⑪天井を貼る

ピアノ納品日が12月27日に決まったので
ここからは急ピッチで進めないといけません(汗)

IMG_20151218_220239.jpg

天井はジプトーンにしました。
実は、最初にソーラトンという吸音天井材を途中まで貼りこんだのですが
あとで施工方法を調べると直貼りはNGとのこと・・・
あぁ、やり直し。(湿気で垂れてくるらしい)
全部剥いで3×6×12.5mmの石膏ボードを下地に捨て貼りしようと天井まで持ち上げたんですが
重くて1人では天井に貼れない・・・(汗)

しょうがなくジプトーンを買いに走りました。

予定変更して買ってしまったソーラトンは壁の上部に貼り込むことにしよう。

照明はレール式を2本設置しました。
スイッチも別配線の予定。
真っ暗闇では仕事が出来ませんので工事用に仮配線してあります。


唯一の窓

IMG_20151216_132338.jpg

窓と呼べるのか?
ガラスブロックです。

最初は窓はいらないと思っていたのですが
作って良かったと思いました。

こんな小さな採光部ですが、あると無いとでは大違いでした。
密閉感を少しでも取り除いてくれますし、無いと真っ暗闇です。


入り口の階段

IMG_20151218_215932.jpg

まだ作ってる途中です。
コーナー用を逆さまに組んでいます。
それにはわけがありまして、ハツリに失敗したブロックを内部に入れているのと
充填量を減らしたかったんです。
コンクリートで覆われてしまうので最終的には見えなくなりますしね。

つづく
CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (3)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その10

2015.12.11
⑩天井の骨組みを作る

とうとう12段積み上げました。
ブロック積みは本当にキツイ仕事だった。

IMG_20151210_142623.jpg

よくやったなと思う。
光が遮断されるので、昼間なんですが、暗いですね・・・

IMG_20151210_131741.jpg

図面も描かずに現場あわせで梁を組んでみた。
体重をかけてぶら下がってみたりしたが、これでは強度不足なのがわかりました。

なので・・・

IMG_20151211_132350.jpg

75×75角の鉄パイプを本梁にします。
コイツがガッチリと小屋梁の加重を受け止めてくれるはずです。
でも、ブロックをハツらないといけなくなりました。

これが結構大変(汗)
①ダイヤモンドカッターの刃をつけたグラインダーで切る
②金槌で壊す
③バリをハツる
ここまできてヒビでも入れたら泣きたくなりますから慎重にしました。

そして・・・

20151206_132046.jpg

グラインダーが死んでしまいました。
以前、私の肋骨を折った中国製グラインダーですが
もう一度命を吹き込む。
直すのに1時間かかりました。
ふぅ~

気を取り直して

IMG_20151211_132651.jpg

本梁は室内にアクセントとして露出させようと思うのでカッコよく黒で塗装しておく。
乾くまで組めない・・・

IMG_20151211_132748.jpg

屋根は鉄アングルをアンカーにして鉄筋と一体化させブロック内に落とします。
一箇所ブロック組んでませんね。
コレはガラスブロックを入れるためです。
唯一の採光FIX窓となります。
防音優先のため最小限にしました。

IMG_20151211_132907.jpg

コレなんでしょう?

エアコンのドレンパイプです。
水が床下を通り、外まで排出されます。

忘れずに床下に作っておいてよかった。
今からじゃ不可能ですから。

つづく

CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (10)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク