UKULELE PUNK!

音楽・野鳥・生活

生と死について

2016.02.10
数日前、早朝に軽トラを運転していました。
カーステレオから流れるピアノ曲。



ショパンのエチュード、エオリアン・ハープです。
なぜかわかりませんが、10年前に亡くなった親父の事が頭に浮かびました。
「あぁ、もう親父はいないんだな」
親父がいない事がずっと当たり前の生活になっている。
私も数十年後にはいなくなる。
いや、いつ死んでもおかしくはない。
次の瞬間、交通事故で死んでいるかもしれない。
親父の人生はきっとこの曲の流れのように
ドラマティックなことが沢山あったんだろうな。
そんな事を思いながら運転してました。

その晩、ちょっと哲学者になったつもりで、こんな事を手帳に書いてみました。



生と死について考える
2016.1.29 22:00

始まりも無く終わりもない。全ては流れの中に存在し、同化・異化、有機物・無機物と変化しているだけだ。人間の死への恐怖は、人間の世界から除外され消え去ることへの意識である。時間と呼んでいるものも、ある時点では現在であるが、すでに過去であり、それが本当に過去であるとは言いきれない。未来も同じである。ある時点では無機物だったものが、他のものと絡み合い、光の力を得て有機物となる。過去に有機物であったものが無機物になったのであれば、未来は過去ではないか。ただ時間も無く流れているだけではないのか。流れというものに時間をあてはめているのは人間や生物の意識にすぎないのではないか。本当に存在するのは変化であり、未来や過去、現在と呼ばれている変化を、くりかえししているのではないか。確実に言えることは、人間として生きる前からも、そこに存在し続けているという事だ。これからも同じであり、時間という意識の中で、過去も未来も、自由に行き来出来る存在とは考えられはしないか。全てのものは同一であり、たえず絡み合い変化する。時間は存在すらしない。死は終わりでも始まりでもなく、流れの中にだけある。私は不死身であり、同一体として存在する。何ものにもなれる。宇宙そのものであり、それ以上のものである。生というものも無く、死というものも無い。


↑頭が変になっちゃったんですかね(笑)

ペンをとり、考えていることを文章にすると、頭が整理されてスッキリするんですよね。
数年後には、違うことを考えていると思いますが・・・


CATEGORY : 生活 TB : (0) COMMENT : (0)

トラウマ絵本

2016.02.08
こんな本を図書館で借りてきました

ちょうつがい


小さな子供には怖いかも。

CATEGORY : 未分類 TB : (0) COMMENT : (2)

本格的な防音室を自作するぞ!!【音楽スタジオ】 その16

2016.02.07
⑯ 階段とドア

グランドピアノが納品されてからペースが落ちました・・・
しかし、頑張ります。

IMG_20160204_121159.jpg

コンクリートブロックの階段にモルタル充填と天板塗り


IMG_20160204_124147.jpg

出来た。
仕上げはカーペットにしようかな。

次は・・・

IMG_20160204_135137.jpg

ドアの枠を作りました。75×75角の鉄パイプです。
コンクリートアンカ用の穴を空けてから黒塗装しておきます。


IMG_20160204_140109.jpg

これがアンカーです。
コンクリートドリルでダダダダダダダっとやって、コンコンと打ち込み、クルクルっと締めるとガッチリ固定されます。


IMG_20160205_134702.jpg

はい、取り付けました。
重量級のドア枠ですので、防音ドアを取り付けても大丈夫。

で・・・
手作りのドアいきます!

IMG_20160207_141955.jpg

合板に枠を組んで、ブツブツブツブツっと沢山ビスを打ち込んでおきます。


IMG_20160207_151418.jpg

防音にはコンクリートが一番!
ビスをモルタルに食い込ませて合板と一体化させます。


IMG_20160207_152505.jpg

遮音コンクリート層完成!
しばらく乾燥が必要です・・・

つづく
CATEGORY : 防音室 DIY TB : (0) COMMENT : (2)

「シッダールタ」

2016.01.22
心に残った本を記録しておきます
「シッダールタ」 ヘルマン・ヘッセ

IMG_20160112_184857.jpg

とても薄い本で、あっという間に読めてしまうのですが、内容はとても重厚でした。
フィクションの物語で、主人公シッダールタという男性の悟りに至るまでの苦悩の生涯をえがいています。
面白いのが、シッダールタというと、ブッダの出家前の名前ですが、全く違う人物という設定なんです。
ネタバレするので詳しくは書きませんが、簡潔に本の教える内容を書け!と言われたら・・・

「全ての物は完全で統一され同一であり、時間は存在しない。全てを受け入れ愛し、平和で安らかに生きよ」
「自分には始まりも終わりも無く、ただ形を変え、色々な物と絡み合い、同一方向に流れていくだけだ」

↑いきなり、意味のわかんない事を書いてますね(汗)
ノーベル文学賞受賞作家だけあって、とても心に残る本です。

CATEGORY : TB : (0) COMMENT : (4)

オオタカのサムソン

2016.01.22
とうとう鳥に名前を付けるようになってしまいました(笑)
彼(オスのオオタカ)とはよく同じ場所、同じ時間で会います。
寒そうにしていたので「寒そう」→「サムソン」と勝手に呼んでいます。

いつものように軽トラで走っていると・・・
おっ、いたいた!

VID_20160122_104449.jpg

どこだかわかりますか?


VID_2.jpg

ここです。
いつも一番高いところから見下ろしています。


VID_20160122_104449 (2)

あ~っ、飛んでいってしまいました・・・

最初に会った時よりも羽の色がハッキリとして
胸は白く美しくなりました。
立派な大人として成長してるようです。
なんだか嬉しくなりました。


VID_20160116_103747.jpg

ある日のサムソン↑
何かを食べた後のようで、満足そうな様子・・・
ここまで近づいたのは初めてです。

VID_20160116_103747 (2)

こちらを、チラッと見て飛んでいってしまいました・・・
なかなか友達にはなれないようですね(笑)

CATEGORY : 野鳥 TB : (0) COMMENT : (2)
プロフィール

MAX

Author:MAX
音楽・野鳥・生活

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク